高速バス予約

相談
arrow
申し込み

高速バスおすすめランキング!

高速バスはどこまで快適なのか?徹底チェック!

相談
高速バスの座席や車両が進化している!

高速バスといえば、乗車料金の安さばかりが際立っていて、乗り心地に関してはあまり注目されていませんでした。

利用者の多くは

「新幹線と違って乗車料金が安いのだから、乗り心地が悪くても仕方ない」

と考えていたようです。

しかしここ数年、高速バス事業に乗り出す会社が増えて、高速バス会社同士の競争が激しくなりました。

その結果、安かった乗車料金はさらに値下げされ、新幹線の座席のように固くて乗り心地が悪かった座席は、一気にグレードアップしました。

10年ぐらい前の夜行バスでしたら、椅子に座った状態で目的地まで乗車しなくてはならなかったので、睡眠がとれなかったり、寝ていても体の痛みで目が覚めてしまったりすることがありました。

それが今では、自宅のベッドの寝心地、とまではいきませんが、低反発の素材を使った座席をリクライニングで倒して、誰もが熟睡できる環境で、朝まで眠れる夜行バスに進化しました。

また、バス会社が提供するアメニティーグッズも増えてきました。

アメニティーグッズとは、バスの乗車時間を快適にするブランケット(毛布)や枕、スリッパのことです。

ブランケットを使えば、エアコンが効いた車内で温度調整ができますし、枕があれば首や肩に疲れがたまりません。

スリッパに履きかえれば、足がムレることはありませんし、靴下やパンストなどによる足の締め付けがなくなるので、足が非常に快適になります。

こうしたサービス向上で、これまで新幹線などを利用してきた人が、安い乗車料金と快適な乗り心地に惹かれて高速バスを予約するようになりました。

そして、高速バス会社同士の顧客争奪戦がさらに激化し、サービスがさらによくなるという、好循環が生まれているのです。

乗車時間が長いというデメリットがありますが、それをカバーするたくさんのメリットがあるので、今まで乗ることをためらっていた方や、高速バスに乗りたいけど、本当に快適なのか知りたいと思っている方は、このサイトを読んだ後、ぜひ一度、乗ってみてください!

ワンランク上の座席を選ぶだけで、乗り心地が数段アップ!

同じ姿勢で長い時間座っていれば、新幹線でも高速バスでも、首や肩から足元まで、疲れが必然的にたまってゆきます。

この疲れを軽減するのが、さまざまな工夫が凝らされた座席です。

高速バスの座席は、スタンダードタイプが一番安くなっていて、たとえば、東京から大阪までの便だと4,000円程度、東京から名古屋までの便だと3,000円程度という、激安価格に設定されています。

しかし、スタンダードタイプの座席はクッションが固く、座席幅や足元空間が狭かったり、リクライニングできる角度が小さかったりと、快適な乗車時間を求める人には、あまりおススメできません。

これが座席ランクが高いシートになると、座席に低反発素材が使われていたり、座席幅がかなり広かったりと、乗り心地は一気にアップします。

中には、個室空間のようにカプセル状になっていて、からだを包み込むマッサージチェアのようになっている座席まで登場しています。

こうしたランクの高い座席は、スタンダードタイプよりも乗車料金が高くなっていますが、個室タイプの座席は別として、1〜2,000円程度しか違いませんし、そもそも、新幹線の乗車料金と比べると破格の安さなので、快適さを得るためのこの程度の出費は、無駄ではないでしょう。

おススメなのは、他の席から完全に独立している「3列独立シート」です。

普通の席は、2席1組で4列の「4列スタンダード」になっています。

このタイプだと、1席当たりの座席の幅は狭くなりますし、何よりも、横に他人が座っていることがストレスに感じることが多いでしょう。

特に、夜行バスになると、このストレスを強く感じる人が多いようです。

しかし3列独立シートであれば、自分のプライベート空間が作れますし、足や腕を伸ばすのも自由。

カーテンが設置されているケースがほとんどなので、4列スタンダードとは比べ物にならないぐらいの安心感、高い快適度を感じられます。

高速バスの予約は公式サイトから!

高速バスの予約は、楽天トラベルのような総合予約サイトを利用している方が多いようです。

しかし、実際の予約は必ず各バス会社の公式サイトから行ないましょう!

その理由は、公式サイト経由で予約しないと適用されないキャンペーンや割引サービス、ポイントサービスがあるからです。

たとえば、このサイトでも紹介している「VIPライナー」では、乗車料金に応じてT-POINTが貯まるサービスを提供していますが、公式サイトから予約することで、付与されるポイントは2倍になります。

また、「オリオンツアー」では、出発日の10日前に予約すると、乗車料金が通常料金よりさらに安くなるキャンペーンを実施していますが、このキャンペーンも、公式サイトから予約しないと適用されません。

各バス会社では、通年で実施している割引サービスや、春や夏などに実施するシーズンキャンペーン、さらには、不定期に行なわれる激安キャンペーンなど、さまざまな割引やイベントを実施しています。

中には、500円というワンコインで東京から大阪までのバス便に乗れる、驚きのキャンペーンも行なわれるので、自分のお気に入りの高速バスを見つけて、こまめにサイトチェックすることをおススメします。

特に、このサイトで紹介している高速バス会社は、キャンペーンの魅力はもちろんのこと、安全性、座席の快適度など、他のサービスよりかなり上なので、サイトにアクセスして、ぜひ、お気に入り登録しておきましょう!

高速バスの特徴と予約方法は?

相談
走行時間は長いが、乗車料金が激安!

ここ数年、高速バス利用者が急増しています。最大の特徴は、乗車料金が非常に安いことです。

東京〜大阪でしたら、新幹線で行くと片道で14,000円ぐらいかかりますが、高速バスだったら4〜5,000円で済んでしまいます。

これが東京〜名古屋、東京〜仙台といった利用者が多い路線でも、新幹線だったら10,000円ぐらいかかりますが、高速バスは3,000円ちょっとです。

大阪なら10,000円弱、名古屋、仙台でしたら7,000円ぐらいも料金の差があり、これが往復となるとさらにその差は開きますから、この乗車料金の安さが口コミなどで広がって、利用者が増えているというワケです。

ただし、一般の道路や高速道路を走行しますので、新幹線の3倍ぐらいの走行時間がかかります。

これまでに乗ったことがない人にとっては、この走行時間の長さは非常に気になるところで、予約をためらっている人もいることでしょう。

高速バスの予約は、公式サイトからがお得!

たしかに、新幹線の何倍もの時間がかかる高速バスは、すぐに移動したい人にとっては、利用しにくい交通手段かもしれません。

東京から大阪まで行くとしたら、新幹線でしたら3時間で済みますが、高速バスなら8〜10時間ぐらいかかります。

しかし、夜行バスを利用すれば、乗車時間のほとんどが睡眠時間になるので、実際にバスに乗っていると感じる時間は、2,3時間程度です。

名古屋、仙台便などは朝や昼便が多く、5時間ぐらいかかりますが、途中、高速道路のパーキングエリアで休憩が入りますし、乗り心地の良い座席で眠ってしまえば、こちらも実際に乗っている時間は短く感じます。

路線によっては、新幹線などより数万円以上もお得になる高速バスは、各会社の公式サイトから予約するとお得です。

独自のキャンペーン割引やポイントサービスがあるので、タイミングが合えば、500円で大阪や名古屋、仙台に行けることだってあります!


 
Home おすすめ高速バス 高速バスの一得 ウィラートラベルとは?